OEM請負会社にお任せする|コストカットの秘訣

男の人

作れる化粧品

女性

化粧品のOEMを依頼した際には念入りに確認をしましょう

私達の身の回りにある品物は当然ですが誰かが作っているのです。近世以前の経済圏が小さかった頃であれば多くの製品は身の回りに素材があり、服飾品や食料品等は目につく範囲で作られていました。しかし、近代以降、経済規模が拡大するとモノ作りは大量生産を行う製造業者が中心になりました。化粧品はそうした製品の中でもOEMが行われていることの多い製品です。 化粧品をOEMメーカーに依頼する際には、その製品を作るための目的があるはずです。こうしたコンセプトや仕様に基づきOEMメーカーは製造しますが、出来上がった化粧品の性能は使ってみなければ判断ができません。OEMメーカーから化粧品サンプルが届いたら可能な限り多くの人に使ってもらい意見を聞くことが重要です。

製品表示について知りましょう

OEMとはOriginal Equipment Manufacturerの頭文字で、他社ブランド製品の製造を請け負う事業形態のことです。化粧品の場合、成分表示等と共に記載されている「製造販売元」はOEMメーカーを表します。 製造販売元とは文字通り、その製品を製造して出荷する業務者を表します。薬事法において化粧品の製造販売業は許可を受けて化粧品の品質管理や製造工程の安全管理を行う必要があります。そのため、実際に化粧品を製造を行っているOEMメーカーは許可を受けなければいけませんが、市場に販売をしているOEM依頼者側には必ずしも許可を受ける必要はありません。尚、OEM依頼企業は一般的に「発売元」として製品に記載されています。