OEM請負会社にお任せする|コストカットの秘訣

男の人

手続きの手間を省く

メイク品

化粧品の販売を行うためには

化粧品は、主に身体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりするために皮膚などに塗るなどするものです。一般に化粧品といえば、女性がメイクを行うために使用されるものがイメージされますが、シャンプーや石けんなども化粧品の一種になります。化粧品を日本で製造販売するためには医薬品医療機器等法に沿って、許可を取得する必要があります。ここで言う製造販売はオリジナルブランドのものを販売する場合であり、既存のブランドの化粧品を販売するさいには免許は必要ありません。一方でオリジナルブランドの化粧品を製造する場合には化粧品製造販売業許可と製品ごとに化粧品製造販売届けが必要になります。また輸入化粧品では、化粧品製造販売業許可と製造業許可、さらに品目ごと化粧品外国届け、化粧品製造販売届け、化粧品輸入届けの3種類の届け出が必要になります。

化粧品輸入代行によるメリット

化粧品を輸入し販売するためにはさまざまなハードルを超える必要があり、煩雑な手続きを行う必要があります。しかし、それらの手続きを簡素化するための方法として化粧品輸入代行業があります。化粧品輸入代行では、契約により輸入する化粧品を日本国内で販売するための手続きを代行してくれるというものです。化粧品輸入代行ではサンプル品の成分分析と行政への販売届出を行い、輸入の通関業務、さらに輸入後の品質管理や法定表示ラベルの貼り付けや検品などを行い、契約者のもとに配送してくれるものです。化粧品輸入代行では、化粧品の輸入販売に必要な手続きをすべて行ってくれるので利用者は販売に専念できるメリットがあり、また小売りだけなので行政に必要な届け出などが不要というメリットがあります。